読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

>1 == 2 => true

私的メモ。とても書くこと自体はくだらないが、便利

Rubyではすでにあるクラスの演算子なども再定義できる(他の言語のことを全然知らない)
演算子もすべてメソッド

1 == 2
=> false

class Fixnum
  alias_method :origeq, :==
  def ==(other)
    if self.origeq(1) && other.origeq(2)
      return true
    end
    self.origeq(other)
  end
end
=> nil

1 == 2
=> true

Fixnumにある==を再定義した。1==2でtrueを返す。
元のメソッドはaliasを用いて適当に退避させてから、再定義を行う。
これをStringかなんかでやれば、"鈴木" == "Suzuki"でtrueを返すなんてことも出来る